本文へスキップ

おうちサロン Komorebi(こもれび)は燕市にある完全予約制のプライベートサロンです。

ご予約等のお問い合わせはメールにてお願致します

かっさGuasha

かっさとは?

店内イメージ

 かっさは「歴史ある東洋医術」です。
かっさ板というヘラ状の道具を使い行われてきた、2000年以上の歴史がある東洋医術の一つです。
針やお灸と違って危険性がないことから民間療法で広まってきています。かっさに国家資格は必要なく、誰でも使うことができます。

かっさは「経絡の流れをスムーズにする」道具です。
かっさ(刮痧)の「刮(かつ)」は削る、「痧(さ)」は痧血(おけつ)を意味します。痧血(おけつ)とは
日本語で「悪血」「汚血」。体内のよどんだ血液のことです。かっさで皮膚の表面をこすることで汗腺の活動を活発にさせ、「瘀血」を体の中から引き上げます。実際にかっさでこすってみると、悪いところだけが赤くなります。左右同じようにこすっても、人によって赤くなる場所が変わります。変わる範囲、色、消える速度によってその人の体質が分かります。


かっさの効果は?痛そう?

 かっさを使うことで、ツボや体内の「気・血・水」の通り道である経絡の流れをスムーズにして、全身のコリ・張りなどを改善することで体調を整えます。
かっさを使うと、汗腺の活動が活発になります。汗腺は、汗を分泌することで体温調節しています。
汗をかきにくい方も、極度の汗かき体質の方も、そして加齢臭も、実は汗腺の老化が大きく関係しているのです
かっさを使ってボディケアを行うと、即効性があって体感が早いことに気づきます。
小顔、スマホ首、肩こり、腰痛、ウエストシェイプ、足のむくみなど、様々な効果が期待できます。
よどんだ血液を体の中から引き上げて、血行改善・デトックスを行います。

かっさは、よく言われるような「痛い道具」では決してありません。正しい技術があれば、自分でケアしてもプロと同じ結果が得られます。
サロンに通うなら週1回を2ヶ月続けてみてください。体質改善ができます。

かっさは「優しい道具」です。
かっさは身体のセルフケアに最適で、人とのふれ合いが生まれる優しい道具です。人の体をさわるのが苦手な方も、かっさがあると手軽にボディケアができます。身体が楽になれば、人にも優しくなれます。かっさを使う人は、優しい人が多いです。

   

かっさは、こんな方にオススメ!

◆巻肩、猫背、外体重など、鏡で見る自分の姿が気になる方へ
◆スマホやパソコン作業で首肩がツライ40~60代
◆顔とウエストのたるみが気になる50代女性
◆足腰のツライ60代女性
◆子育て中で時間にゆとりのない30代女性、肩こり腰痛解消に


  


スタッフ写真

店舗情報

おうちサロン
Komorebi(こもれび)
魅Life(ライフ)

→アクセス